2019年02月26日 広光印刷株式会社様見学会

輪転機による大量印刷から枚葉機による多種少量印刷まで対応します

和泉市テクノステージの広光印刷株式会社で見学会を開催 HPはこちらから

取締役(製造部長)安田 昌史氏より説明を受けました。

1.印刷の原板(アルミ製)の説明、カラー印刷の場合、赤色M、青C、黄色Y、黒Bの4版必要

2.大きなロール紙に高速で印刷された紙が、途中で2本のルートに別れ、それぞれが2つに折られて出ていました。

3.印刷されたチラシを見せていただきました

4.ロール1本が7~800kgもある。お得意先ごとの専用紙の前で説明を受けるメンバー。

5.輪転機にかけるロール紙の自動交換の様子を見学

6.自動交換の様子を右の下部から見学

7.自動交換の様子を左の下部から見学

8.オフセット印刷の説明(版面から直接に紙に印刷する普通の印刷法に対し,版面からゴムブランケットと呼ばれるゴム布にいったん転写し,それを紙面に印刷する間接的な印刷方法))

9.オフセット印刷の説明(両面印刷)

10.オフセット印刷機を見学

11.質疑応答

Q:紙のロスは?

A: 紙とアルミ版は、リサイクル若しくは、資源として再利用。